元ひきこもりのアウトプット日記

自分のの感情に正直になる。アウトプット用

迷惑をかけない

 海の日に海水浴に友達と行った。子供連れの家族が多かった。

 子供連れの家族を眺めていると、親が子供に対して「周りの迷惑になるからやめて」と注意していた。

 僕は子供連れの家族を眺めていたら僕の中学、高校時代を思い出した。僕も海水浴に来ていた子供と同じように両親から「周りの迷惑になるな」と言われていた。そして周りの迷惑にならないように生きていた。

続きを読む

傘盗まれる

 

 

これまで何回か傘を盗まれていたが、今日も盗まれた。

 スーパーで半年前に買って、黒と緑の中間の色で安物であったがお気に入りのものであった。「朝から雨が降っているのによく傘を盗めるよな。傘を盗まれた人のことを考えない人がいるもんだ。呪ってやる。」と心の中で何度もプレイバックしている。

 

自分の怒りの感情を整理するために書いているが‥‥

 近くに自分の傘をさしている盗人はいないか探している自分の心があり、自己嫌悪を覚えてしまう。

続きを読む

ファッションに目覚めたきっかけ

 

 あれは大学2年生の秋。

・灰色のオックスフォードシャツに白色の水玉模様が付いている(サイズ感がおかしい)

・よれよれで色落ちのしすぎた灰色ジーンズ(しまむらで買った)

・灰色のアディダスのスニーカーという服装で大学で授業を聞き、家に帰ってきたときのことだった。

家族から「ダッサ!!」という大きな非難を受けた。僕の服装はオール灰色コーデで自分のことをおしゃれだと思っていた。(僕は今、考えるととてもダサいと思う)

続きを読む

団地の記憶

 僕は団地に長年住んでいた。約10年ぐらいだ。団地の老朽化、入居者の減少などで解体が決まった。それに合わせて僕は家族とともに家を引っ越した。

 

 団地は1年ほど誰も生活しておらず、放置されていたが、住宅街ができると決まった。今、ショベルカーで解体作業が続いている。

続きを読む

限りなく自閉症に近い、自閉症じゃない僕

 僕は心療内科の先生に「自閉症ではないけど、自閉症に近い」と説明を受けた。僕はこの話を聞いてほっとしたことと同時にすっきりできた。

高校生の時からみんなから「変わっている」、「マイペース」とよくいわれていたが、僕自身どこが変わっているか理解できなかった。

続きを読む

レイプによる心の困難

僕は男だ。 僕は完全なるヘテロ(異性愛者)であると思いたい。

 僕は小学5年生の宿泊学習で友達にレイプされた。僕の記憶が正しければ3回以上。

 最初は宿泊学習という非日常の活動から悪ふざけという感じで耳をなめられていた。僕自身悪ふざけで面白いと感じていた。しかし、周りにいた何人かの友達が僕をおさえ

続きを読む