ウツローの考え、

ウツローの考え、

元ひきこもり。マラソン歴5年、サブ4.5ランナーかく語りき。

ニューバランス フューエルセル プロペル レビュー

先日、NBのフューエルセルプロペルを買い、20kmほど走りました。プロペルはクッション性があり、キロ7~キロ5分半までのランニングやウォーキングにおすすめ。
f:id:uturou:20201227180847j:plain

新しいシューズを買うきっかけ

3足のローテーション体制が乱れる 問題点2つ

僕、ウツローはナイキのズームペガサス37、ミズノのウェーブシャドウ3、アシックスのライトレーサーの計3足ランニングシューズを持っています。3足のランニングシューズをかわりばんこに履きながら、ランニングしていました。半年間、うまく3足で回していたと考えていました。


しかし、問題が2つ発生しました。

1つめ、アシックスのライトレーサーは足へのダメージが大きい。

ライトレーサーは底が薄く、地面との衝撃が厚底に比べ、ダイレクトに来ます。メリットは反発を得やすく、スピードを出しやすいです。裏を返すと、デメリットとして衝撃が大きいので、足への負担が大きいです。


ライトレーサーを買った理由に、薄底へのあこがれとレベルアップがありました。導入した当初は、なかなか慣れずに苦労しました。短い距離のジョグから始め、2か月後にはスピード練習にも使えるようになりました。

しかし、ライトレーサーで走った後は、上にも書いたように、足の疲労度が半端なかったです。ライトレーサーでのランニング翌日はスピード練習ができず、ただのジョグになっていました。
足裏を鍛えるのにおすすめです。
uturou.hatenablog.com




2つめ、ナイキのズームペガサス37が万能すぎる。

ズームペガサス37は厚底ながら、スピードが出しやすい靴です。キロ7~キロ4まで、幅広いスピードに対応できます。


万能であるがために、引き起こされる問題がありました。
ある日、僕はポイント練習の翌日にジョグをしようと考えていました。その日の体調に合わせて、スピードはキロ5分半~キロ7を予定し、3足ローテで回ってきたペガサス37を履きました。


ポイント練習のダメージと疲れがあまりなかったため、僕は調子に乗ってしまいました。ペガサス37は反発力とクッション性を兼ね備えており、ぐんぐんスピードが上がりキロ4分半のスピードを出してしまいました。ジョグの予定が、スピード練習になってしまいました。このようなことが、ペガサスを履いてよく起こりました。
(自分で自制せんかい( ;∀;))


2日連続のポイント練習にも意味があると思いますが、僕にとってマイナス面が大きかったです。翌日は疲れがきて体が重く、また回復に時間がかかり次回のポイント練の予定が立てにくいです。2日連続のポイント練習は、僕のレベル(サブ4.5)では早すぎて体がもちません。

uturou.hatenablog.com

そこでジョグに特化した、スピードを出さない、いや出させない靴を僕は求めた

いざスポーツデポ店へ

「オンラインショップで靴は買えない。試し履きしてなんぼ」の考えの僕は、近くのスポーツデポ

完走用レベルの試し履き

フルマラソン完走用レベルの靴を、ひたすら試し履きしていきました。ナイキのインフィニティーラン、アシックスのゲルカヤノ、GT2000、グライドライド、ゲルニンバス、ミズノのウェーブライダー など。

値段表と、にらめっこしながら試し履きしました。
どの靴も感覚は悪くはなかったのですが、価格がネックでした。一万円は払えなか(^_^;)



いろいろ模索しながら、NBコーナーを見渡しました。NBはスニーカーは持っていますが、ランニングシューズは履いたことがありません。僕の好きな文字が見えました。
「SALE」


厚底で見た目は、いかにもスピードが出なさそうな靴でした。その名は「NB FuelCell PROPEL M BG2 ニューバランス フューエルセル プロペル」
f:id:uturou:20201227180847j:plain
試し履きし、その場でジャンプしました。小学校の校庭にあった、古びた大きいタイヤの上で飛び跳ねている感覚を思い出しました。( ;∀;)伝わるかな?


反発性は感じず、クッション性は確実にあり、そして重いです。僕の求めていた靴です。買いました。


ニューバランスのホームページを見たらファンラン用と書かれており、まさしくスピードが出ない靴でした。


実走の感想

僕の期待通りの靴でした。靴が重く、反発が少ないため、キロ5よりスピードを上げるには、無理やり足を速く回転させないといけません。
f:id:uturou:20201227180859j:plain
f:id:uturou:20201227180856j:plain
重さがあり、キロ5分半から7分までの間のスピードに最適でした。

ペガサス37とは正反対で、調子が良くてもスピードが出ない靴です。クッション性はもちろんあるため、ジョグ後はダメージもなく、ポイント練にスムーズに移行できます。


プロペルはウォーキングとしてもバッチリでした。他のランニングシューズで歩くと、地面からの反発が大きく歩きにくさがありました。プロペルはウォーキングをしたときの反発性はちょうど良い感じでした。

今まで履いてきたランニングシューズとの比較。

クッションの柔らかさは  
ペガサス37 〉 プロペル 〉GT2000

ホールド感は
GT2000 〉 ペガサス37 〉 プロペル

反発力は
ペガサス37 〉 GT2000 〉プロペル

関連記事 ランニングシューズ遍歴

uturou.hatenablog.com