ウツローの考え、

ウツローの考え、

元ひきこもり。マラソン歴5年、サブ4.5ランナーかく語りき。

ファイザー社製の新型コロナワクチン予防接種、一回目受けた。左腕が上がらない。

ファイザー社製の新型コロナワクチン1回目を打った。接種から3時間後、左腕が筋肉痛に似た痛みがあり、横に上がらなくなる。接種2日後、無事に痛みがなくなり、左腕は上がるようになった。3週間後にはコロナワクチンの2回目を打つ予定。1回目より2回目の方が、疲労や関節痛、発熱の頻度が高くなるので怖いが、体に抗体ができていたら嬉しい。
(※副作用は個人差があります。周りでは、何もなかったという方、寝返りが打てなくなったという方、熱発があったという方などいた。)

新型コロナワクチン接種の予診票

厚生労働省公式ホームページより引用
f:id:uturou:20210504223045p:plain
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_yoshinhyouetc.html
(最終閲覧2021年5月4日)

新型コロナワクチン予防接種についての説明書

厚生労働省公式ホームページより引用
f:id:uturou:20210504223034p:plainf:id:uturou:20210504223037p:plain
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_yoshinhyouetc.html
(最終閲覧2021年5月4日)

ウツロー、注射嫌い

僕、ウツローは、毎年、インフルエンザの予防接種を受けていますが、注射が怖いです。
「インフルワクチン打つぐらいなら、いっそのこと罹ってしまって、抗体を作った方がマシ」と思ってしまうぐらい注射が嫌いです。


しかし、新型コロナワクチンの場合は話が変わります。欧米でワクチン接種が始まったというニュースを聞いてからは、「早く日本にこい、早く打たせてくれ。マスクは暑くるしいんじゃ。フルマラソンを走らせてくれ」と注射への渇望となっていました。


渇望はするものの、「注射痛いんだろうな、受けたくないな」という相反する感情を持ちました。( ´∀` )


注射針は凝視するのが良いのか、見ない方が良いのか、それが問題だ。

長年の疑問です。針が体に刺さるのを見た方が良いのか?、それとも見ない方が良いのか?

針を見る場合、

どっちのやり方が痛くないのか、疑問です。針を見ると、刺さること、痛みのタイミングもわかり、怖さがなくなるのではないか?と考えています。

一方で、痛みのタイミングがわかると、それに身構え緊張し、逆に痛みがますのではないか?。

針を見ない場合、

痛みのタイミングがわからず、刺すまでの間が、怖いのではないか?


いずれにせよ、怖い、痛いことに変わりはありません。

いざ、ワクチン予防接種

コロナワクチンの注射針は長く、目測2.5㎝程でした。針は細いものの、痛そうでした。

注射針を凝視

針を目にしたら、もうロックオンされていました。瞬きをせず、針から目をそらさず、腕に刺さるのを待ち構えます。

先生の腕が良いのか? あまり痛くない。

体に刺したとき、痛みなし。


ワクチンを体に注入する、少し痛い。
思ったほど、痛くなかったです。よかったです。(マメをつぶすほど、痛くないです。)

接種後の違和感

接種して1時間後、左腕ぎこちない。

注射した箇所を触ると痛いです。左腕が何となく重くなった気がしました。腕を回すと、力が入りにくく、また動きがぎこちなくなっていました。

3時間後、左腕が上がらない

接種後、家に帰り、のんびりとプロ野球福岡ソフトバンクホークスの試合を見ていて、気付きました。


「あれ、腕が上がらない」。


元ホークス杉内投手のモノマネである投球前に、左腕を上げる動作をしようとしたら、左腕が筋肉痛のような痛みがあり、横に上がらなくなっていました。左腕は前後には動かせるのに、横に上げようとしたら肩の位置まで上がりません。


僕は腕が上がらなくなるという話も聞いていたので、心構えはできていました。それでも、嫌なものは嫌です。寝るまで、5分おきに、腕の感覚を確かめていました。結果は治らず。


接種当日は激しい運動はダメとのことで、ランオフしました。


(元福岡ソフトバンクホークスの杉内投手、森福投手が、投球前に左腕を上げる動作をしています。それを見ていたら、マネしたくなってしまいました。僕はホークス戦を見ているときは利き腕は右なのに、杉内投手、森福投手をマネして、左腕を上げます。両投手が巨人に行っても、また引退してからも、左腕を上げる動作をマネしてしまいます。ホークスファンならするんじゃないかな?もしかして僕だけかな?)

1日経過。まだ上がらない。

一晩たち、さすがに治っているだろうと考えていました。治っていなかったです。腕を前後に動かす分には何も問題なかったので、軽めのジョグをしました。


この日は15分おきに、腕の感覚を確かめていました。時間が経つにつれ、腕の痛みは和らいでいました。夜には痛いながらも、左腕を頬に触れることができました。

2日経過、上がる。

二晩経ち、左腕の筋肉痛はなくなっていました。左腕を頬にくっつけても痛みはないです。一安心です。

最後に、2回目のワクチン接種に向けて

2回目のワクチン接種があります。発症予防効果が95パーセントと大きな数字が出ており、ワクチンを打つことで、身体的にも、精神的にも安心できます。もちろん、抗体をたくさんの方がもつことで、マスクなしの生活、フルマラソン大会開催など、明るいニュースが見えてきます。


と分かっていても、注射は嫌なものは嫌です。
今回は、たまたま腕の良い先生にあたってしまたのか?僕が注射に慣れてしまったのか?筋肉注射は痛くないのか?答えは分かりません。あまり痛くなくて良かったです。


副反応は仕方ないです。ランニングで影響が出なかったので、多めに見ます。



2回目も覚悟を決め、注射と向き合いたいです。


話が脱線、ウツロー、駐車も嫌いです。

ゴールド免許で週に3日以上乗っているのに、駐車が苦手で、嫌いです。一回でぴったりと入ることは稀です。いつも2,3回は切り返して、入れています。


(バックモニター搭載車では、1回で入ります。ミラーを見ずに、モニターだけを頼りにして。コツを教えてくれ( ;∀;))


2回目の予防接種の話

uturou.hatenablog.com