ウツローの考え、探してた答えはない。

自分の感情に正直になるため。自分のアウトプットのためと書いたら格好良いが、ただの自己満足のためのブログ。

H2Aロケット41号機の打ち上げ 日帰りで 種子島に行ってきました。長谷展望公園

 2020年2月9日(日)、高速船ロケット、フェリープリンセスわかさを使い、日帰りで種子島H2Aロケットの打ち上げを見に行きました。報道にあるようにH2Aロケット41号機は軍事衛星を載せ、打ち上げに成功しました。

 僕は土曜日仕事をしていて休日が急遽、平日から日曜日に変更となりました。そこでロケットを見に行こうと思いました。そこで土曜日の夕方に、ない頭で頭をフル回転させました。

計画思案中

(発射当日に行って、そもそも見れるのか?)長文飛ばしていいです。ない頭を使った計画です。

時刻表は2020年2月9日のもので、現在の時刻表と変更している可能性があります。公式ホームページなどでご確認ください。

まず、鹿児島から種子島に行くために、高速船、フェリー、飛行機の時刻表を見ました。

ロケットの打ち上げは10時34分

 高速船のホームページを見ました。高速船1便は鹿児島北ふ頭:7時30分発 → 西之表:9時5分につきます。席は空いてました。 (まず、良さそうです。)

 フェリーのホームページを見ました。
プリンセスわかさは日曜日の北ふ頭:8時40分発 → 西之表港:12時10分着 (フェリーの上でロケット発射を見ることになる)

フェリーハイビスカスは鹿児島(谷山港):18時発 → 西之表港:21時40分着 (土曜日は仕事が終わるのが遅かったため、乗れない)

 飛行機はJALが鹿児島:8時45分発 → 種子島:9時25分着がありました。席は空いてます。これも良さそうです。

高速船を使った場合、
西之表港から展望公園に行きたいです。港から見るロケットは約50キロも離れており迫力に欠けます。
(鹿児島本土から見るよりはあると思いますが('◇')ゞ)

西之表港から展望公園(恵美の江展望公園、長谷公園、宇宙が丘公園)に行くには、レンタカー、バス、タクシーが候補にあがります。
 タクシーはお金がかかるので、まず選択肢から一番最初に消します。

 レンタカー屋さんにかたっぱしに電話しました。レンタカー屋さんはどちらももかりられず、レンタルバイク屋さんにも電話しましたが、ダメでした。(そりゃ、発射の前日に電話しても、無理ゲー)
 
 打ち上げが一番近くから見える、恵美の江展望公園に行くことができなくなりました。(近くにバス停がないです。)

 バスの時刻表を見ました。バスは大和バスで西之表港から長谷までバスがありました。時刻は高速船の到着に合わせて西之表港9時13分発 → 長谷に10時15分につきます。 打ち上げは10時34分。
 
 長谷のバス停から長谷公園まで歩いて15分ほどかかります。10時15分+15分=10時30分。
10時30分に長谷公園につきます。 (おーギリギリだけど、いい時間じゃないか。)

 宇宙が丘公園で見ることができなくなりました。
(宇宙が丘公園は長谷よりも南にあり、バス停から離れているためついた時にはロケットが発射が終わっています。



 帰りは同じくバスで長谷:12時58分発 → 西之表港:14時着があります。 (発射から2時間以上待つのはきついな)

 また乗り換えが一回必要になりますが、長谷:11時9分発 → 種子島空港:11時40分着
種子島空港:12時発 → 西之表港:12時28分着もあります。(これは良い)

西之表港からは高速船もしくはプリンセスわかさに乗って鹿児島に戻れます。

プリンセスわかさは 西之表港:14時発 → 北ふ頭:17時30分着がありました。


高速船は西之表港:  15時発   → 北ふ頭16時45分着
          16時45分発  →    18時40分着の2便がありました。

高速船は早いですが、運賃が7700円です。一方わかさの運賃は4400円と安く、お財布にやさしいわかさを選択しました。  (フェリーハイビスカスは西之表港:11時発のため乗れません)



高速船に乗っていく場合でうまくいきそうなので、飛行機の場合の仮定は考えませんでした。

計画実行

土曜日の夜に計画は練ったので、あとは実行するのみ。

f:id:uturou:20200210163856j:plain
鹿児島の夜明け
鹿児島は快晴。風もなし。窓口で窓側席のチケットを買いました。

高速船に乗ります。

鹿児島北ふ頭:7時30分出発し時速80キロで進んでいきます。風がないため、揺れなく快適でした。

f:id:uturou:20200210163906j:plain
桜島と太陽
 
f:id:uturou:20200210163917j:plain
鹿児島本土 最南端佐多岬
f:id:uturou:20200210163928j:plain
時間通り9時5分、西之表港到着

西之表港到着。

f:id:uturou:20200210163938j:plain
ターミナルを出ると、ロケットがお出迎え

大和バスに乗ります。

僕と同じようにロケット目当ての人が4人ほどいました。バスは西之表から南種子島へ向け、南下します。ほどんどのバス停は乗る人がおらず、通過し地元民が時々乗っては降りていきます。

f:id:uturou:20200210163949j:plain
すいすいバスは進んで行き、時間調整のため一分ほど停車しました。


f:id:uturou:20200210164011j:plain
車窓からの風景。海が綺麗です。

長谷に到着

f:id:uturou:20200210164032j:plainf:id:uturou:20200210164042j:plain
こちらも高速船と続き、時間通り長谷に到着
長谷
警察官が車誘導をしており、道を間違うことはないと思います。

長谷公園に到着

発射10分前までには着きたいと考えていたので長谷公園に向け、1キロ/7分ほど小走りしました。
10分ほどでつきました。いい汗をかきました。(^^;
f:id:uturou:20200210164217j:plain

f:id:uturou:20200210164052j:plainf:id:uturou:20200210164103j:plain
長谷公園はドローン、キャンプテントは禁止とのことです。
f:id:uturou:20200210164113j:plain
公園にはもう人が集まっており、今か今かと待っていました。

H2Aロケット カウントダウン、発射

公園の先端には大きく、高そうなカメラを持っている人たちがシャッターを構えていました。
打ち上げカウントが10秒前になると、観客たちが「10、9、8、7、6,5,4,3,2,1、ゼロ」とカウントを取りました。(ゼロ以外は日本語で)

ロケットの先端から火が見えました。煙がもくもく、先端から出て、その後ロケットが昇っていきました。

f:id:uturou:20200210163849j:plainf:id:uturou:20200210163853j:plain
地球の重力から逃れるH2AF41号機
ロケット発射から20秒後、轟音「ごごごごごごご」という音が聞こえ、着ていた洋服が揺れていることを感じました。
f:id:uturou:20200210164133j:plainf:id:uturou:20200210164143j:plainf:id:uturou:20200210164152j:plain
飛行機雲ならぬ、ロケットロードは時間とともに消えていきました。


僕は発射後、立ち尽くしていました。ロケットの音、光、煙、軍事衛星を宇宙に運ぼうとする力に圧倒されました。

f:id:uturou:20200210164123j:plain
立ち尽くしやすい、柔らかい芝が公園を覆っています。

計画のずれ、修正

立ち尽くしすぎたせいで、帰りのバス(長谷:11時9分発 → 種子島空港:11時40分着)に乗り遅れてしまいました。(^^
このままだと、わかさに乗れない、バスに2時間待たないといけないことになり、僕は焦りました。

f:id:uturou:20200210163800j:plain
長谷のバス停近くのロケット模型

僕はロケットの模型を見ながら考えました。「タクシーは嫌だ、7700円の高速船はそこそこ痛い」アイデアが生まれました。

親指を立てました。そうヒッチハイクです。10台ほど通り過ぎ、一台の車が止まりました。
その方に西之表港まで載せていただきました。大変ありがたかったです。

プリンセスわかさのチケットを買い、両親に対しお土産を買い、

フェリーに乗船します。

f:id:uturou:20200210163810j:plainf:id:uturou:20200210163820j:plain
西之表港の防波堤にロケットの赤い灯台?がありました
防波堤では釣り人が手を振ってくださり、思わず手を振り返しました。
防波堤を抜けると、波で上下左右に揺れます。泳ぎ方を覚えたてのヘタクソなバタフライを泳いでいるような感覚でした。
f:id:uturou:20200210163830j:plain
佐多岬。高速船より近くを通ります

鹿児島に戻る

f:id:uturou:20200210163840j:plain
無事、鹿児島に帰鹿

最後に

ロケットの発射は感動でまた見に行きたいと思えるものでした。計画はうまくいかず、車で乗せてくださった方には感謝しても、しきれないです。次は発射場から近い恵美之江展望公園で見たいです。また肝付のイプシロン種子島では次期主力ロケットのH3ロケットを見たいです。
uturou.hatenablog.com